東京で24時間保育(夜勤あり)の保育士求人を探す

東京の保育士TOP >> 希望条件別の求人 >> 東京で24時間保育(夜勤あり)の保育士求人を探す

東京で24時間保育(夜勤あり)の保育士求人を探す

人々の生活スタイルも大きく変化して、特に東京では、24時間営業の場所がかなりあります。当然夜に働く人も増えており、仕事をしている間子供を見てくれる家族がいない場合は、24時間営業の託児所などに預ける必要があります。幼稚園、保育園ではなくても保育士はこうした施設で働くことができます。

もちろん夜勤の場合はその分手当てがでますし、特に手厚いケアをしているところでは、サービス代金も高いので、それが従業員に反映されているところもあります。また夜間働いているだけではなく、大人だけで楽しむ時間を取るために、ディナータイムやお買い物の時間だけ子供を預かるサービスも歓楽街などではどんどん広がっています。

それ以外でも個人的にベビーシッターを雇ったり、24時間住み込みで面倒をみたりする海外ではおなじみのナニーなども、24時間保育の一例です。雇い主にもよりますが、かなりの高給、そして住まいつきですから、かなり好条件の仕事といえます。

24時間保育の場合は、雇い主によってかなり就業条件や待遇なども違ってくるでしょう。そして保育施設側の資金が潤沢ならよいわけではなく、その潤沢な資金を従業員に反映するかどうかは別問題です。条件などをよく見極めて、それぞれ自分にあった、希望通りの職場に巡り会えるまで根気よく仕事を探していきましょう。

夜勤だからといって、必ずしもそれだけの見返りがあるとも限りません。保育士の免許をもっていて、託児所でその能力や経験をすべて活かせる職場が一番でしょう。しかし待遇はよいが、ただのベビーシッターであまり保育士としてのスキルが活かせないなどの問題が生じることがあります。

夜勤の場合は働く場所と住んでいる場所があまり遠いと、仕事にも影響しかねません。シフト制といっても夜間に働くことは体に負担がかかりますので、住まいは近いに越したことはありません。寮や社宅などを近くに用意している、もしくは自宅から通いやすい場所の託児所、保育所にすれば比較的負担は少ないでしょう。

病院で夜勤で働く看護師さんのために、24時間保育で子供をみる場所を設けている医療法人もあります。その場合は看護師さんの確保にもつながりますし、病院で寮などをもっているところもあるので、住居や寮などを求めている保育士さんには好条件の案件となるでしょう。

私営、公営に関係なく、しっかり働きやすい環境を整えているか、従業員さんのことをしっかり考えているかどうかを考えているところで、自分の保育士としての経験やスキルを活かして働いてみてください。

東京の保育士転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
保育ひろば 無料 全国 ★★★★★ 詳細


 ⇒⇒ 人気ランキングをもっと詳しく見てみる


Copyright (C) 2017 東京の保育士求人ランキング All Rights Reserved.