東京で園長・施設長の保育士求人を探す

東京の保育士TOP >> 希望条件別の求人 >> 東京で園長・施設長の保育士求人を探す

東京で園長・施設長の保育士求人を探す

最近は都内で待機児童問題の解決のために、新設施設の開園が増えています。それに伴って、当然管理職や園長、施設長の求人も増加中です。すでに管理職、そして園長などを勤めた経験がある、また非営利団体、営利団体に関わらず、学校法人や医療法人での経験や、児童教育、その他民間企業などで経営に携わったことがある人は、応募資格がありますし、営利団体なら、民間から招いた人を快く施設長として受け入れる可能性もあります。

ただし、まだ立ち上げ状態の保育園や幼稚園であれば、施設長は理事長など名誉職であっても、園長は実地経験、そして他の保育園等で園長経験がある人のほうが望ましいでしょう。園の運営のノウハウをすでに実地で知っている人のほうが運営がスムーズだからです。

病院や民間施設などでも施設長として、マネージメント的役割を果たす人も多いので、保育園、幼稚園、関連施設で管理職経験がある人はぜひ応募してみましょう。ただし、一般職と比べて極端にお給料や待遇がいいわけではないようです。

もちろんその経営母体やどんな施設で働くかにもよります。民営では月給が高いですが、公営では福利厚生やボーナスなどが高い傾向があります。また、高いポジションに就いたとしてもその分職責が重くなるとか、忙しくなることに比例して給与や待遇などがアップしてこなければモチベーションも下がってきてしまいます。

もちろん正社員、正職員であり、また園長や施設長であれば、当然他の役職がないスタッフにくらべてお給料はいいですし、それなりの経験、経営などの知識も求められています。東京都内なら当然他の都道府県にくらべてかなり時給やお給料は高水準であるものの、他の仕事にくらべて特別高給とはいいづらく、その点も検討の余地があります。役職の募集のときは条件、待遇などを確認し、しっかり自分の希望と照合し、擦り合わせていきましょう。そうした交渉を代行してくれる転職サイトのエージェントに頼むのも一つの方法です。

働きがいややりがい以外にも、保育士としてのキャリアアップ、スキルアップのために施設長や園長の経験も大事です。これから保育士としての仕事に専念したい、また保育士という仕事を極めたい人、キャリアと職務経験をいかしてぜひ今度は管理職の仕事に応募してみてはいかがでしょうか。

仕事の検索はいまはインターネットで気軽にできますし、ハローワークや転職サイトを活用してあなたにぴったりの仕事をみつけてみてください。

東京の保育士転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
保育ひろば 無料 全国 ★★★★★ 詳細


 ⇒⇒ 人気ランキングをもっと詳しく見てみる


Copyright (C) 2017 東京の保育士求人ランキング All Rights Reserved.