東京で少人数保育の保育士求人を探す

東京の保育士TOP >> 希望条件別の求人 >> 東京で少人数保育の保育士求人を探す

東京で少人数保育の保育士求人を探す

保育士が不足していて、園児も保育園や幼稚園に入れなくて困っているというと、すし詰めで定員ギリギリの運営のイメージを持つでしょう。しかしながら私立の保育園、幼稚園では少人数保育で丁寧に教育していこうという方針のところもあります。当然このようなタイプの園は保護者からも人気があり、また保育士の数も一般的な園よりも多く確保していることが多いです。

いまはモンスターペアレンツの問題もあり、園でなにか不具合が起きると大きな問題になったり、また教育熱心な保護者も増えています。多少お金がかかっても子供には最高の教育を身につけさせたいと考える親も多いでしょう。少数精鋭では、もちろんその基準に達している優れた児童を集めるために入園試験などを設けて、選ばれた児童だけがその園に通うことができます。

子供のお受験はヒートアップし、特に私立大学付属の有名保育園は全国から入園希望者が殺到します。それでもなかなか子供を入園させることは難しいといいます。そこまで有名どころではなくても、きめ細かい対応が期待できるので小規模保育の園は人気が高くなかなか入園できないのです。

また、保育園、幼稚園に限らず、託児所などでも少人数保育をモットーに子供を預かっている施設も多くなっています。保護者としては多くの保育士に見てもらっているのなら、サービス料金がすこしくらい高くても満足します。

ただし、保護者にとっては好条件な少人数保育でも、保育士さんにとってはプレッシャーも大きくなります。少人数なだけに関わる保護者や園児と性格やそりが合わないと逃げ場がないとか、それだけ仕事の責任が重くなるといったようなデメリットがあるようです。

運動会などのイベントなども園児や預かっている児童の数が少ないため、盛り上がりに欠けるなどの問題もあります。とはいえ、あまりに児童の数が多く、保育士さんがてんてこ舞いになるよりも、やはり余裕をもって子供を見ることができるのはお互いにとってメリットは大きいです。仕事の内容、そして待遇やお給料、残業などの確認をして、条件にあっていれば転職を検討してみてもいいかもしれません。マンモス保育園にいた人なら心からほっとすることでしょう。

ただし、少人数教育だからといって、必ずしも待遇やお給料がいいとも限らないので、経営母体や、その教育理念をよく考えて、やる気と待遇の間で妥協点を見つけ、希望の職種や園、施設に応募してみるといいでしょう。

東京の保育士転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
保育ひろば 無料 全国 ★★★★★ 詳細


 ⇒⇒ 人気ランキングをもっと詳しく見てみる


Copyright (C) 2017 東京の保育士求人ランキング All Rights Reserved.