東京の保育士への補助金について

東京の保育士TOP >> ここは押さえよう >> 東京の保育士への補助金について

東京の保育士への補助金について

保育士不足や待機児童問題に東京都も指をくわえて見ているわけではなく、様々な政策でこの現状を変えようとしています。その一つが保育士への補助金です。もちろんこれは東京都だけではなく政府主導の手当てや補助金となっていますので、公的支援の部分が大きく、保育士に直接渡されるものではなく、保育士不足に悩む施設に支給されたあとに分配されるシステムになっています。場合によっては求人広告や保育士の確保に使われるお金であり、実際に保育士の給与などに反映されているかははっきりしない部分でもあります。

この補助金の一番の問題は、必ずしもこの補助金が保育士の給与アップに使用するなどの基準が設けられておらず、保育園や幼稚園を運営する法人の裁量に任せられているという点です。保育士の職場環境や現状を打開するためには、ダイレクトに保育士の給与に反映する補助金のほうが望ましいのですが、政府や自治体ではそこまでは介入していませんし、厳密に規定してもいません。

現場の保育士の意見を聞いても、保育士処遇改善手当てや補助金を受給している保育園、幼稚園を運営している法人であってさえ、職員に直接還元されている園は少ないということです。これはせっかくの補助金の無駄遣いであり、本当に保育士の不足問題の解決になっているかどうかを考えると疑問の残るところです。

一時金やボーナスとして職員に支給する形をとっているところもありますが、それも運営母体によってかなり差があり、個人保育園と法人ではだいぶ支給額が違うなど格差があるようです。待遇は園や法人に任せられているために、その補助金の使い方などは職員にはコントロールできないところです。補助金の受給によってお給料やボーナスがすぐにアップするかどうかというのは、まさに未知数ということがわかります。

保育士さんとして出来ることは転職の際に、やはり補助金受給のありなしに関係なく、給与やボーナスの良いところを探すこと、または社会貢献の取り組みが高く、環境がよく保育士さんが安心して働ける人気の仕事案件などを中心に探してみるといいでしょう。転職サイトなどを利用すると転職、就業お祝い金制度を用意しているところもあるので、転職の際には転職サイト経由で仕事を見つけるのもいいかもしれません。もらえるものはもらっておきましょう。

自分の都合や働きたい時間や曜日、場所や待遇などを選んで自由に働くスタイルもこれからもっと普及してきますので、ぜひ新しい気持ち、新しい環境で保育士という仕事に取り組んでみてはいかがでしょうか。

東京の保育士転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
保育ひろば 無料 全国 ★★★★★ 詳細


 ⇒⇒ 人気ランキングをもっと詳しく見てみる


Copyright (C) 2017 東京の保育士求人ランキング All Rights Reserved.