東京で児童養護施設の保育士求人を探す

東京の保育士TOP >> 職場別の求人 >> 児童養護施設

東京で児童養護施設の保育士求人を探す

児童擁護施設とは、保護者がいなかったり、また虐待されている児童などを預かってその児童たちを養育したり保護したりする施設のことです。児童相談所の判断に基づいて、この施設に児童が送られることがあります。そのため、身体的に、また心理的なケアが必要な子供が多く、最低限保育士資格をもち、また様々な児童に接したことがある保育士ではないとなかなか勤まる仕事ではありません。

東京で児童養護施設、相談所などはいくつかありますが、児童福祉施設に働く保育士さんは障害児教育を担ったりするのと同じくらい、重要なミッションが任されています。この施設に入れるのは、1歳から18歳までと年齢層も幅広いため、むしろ保育士が活躍できるのは乳幼児からせいぜい小学校低学年までです。

いまはひとり親が児童を養育できなくなり一時的に子供を預かっているショートステイから、放課後に児童を通わせ、夕食の提供、生活指導を行うトワイライトケアなど、サポートの種類も豊富になってきています。

格差問題がクローズアップされている昨今では、子供の貧困が社会問題となっています。満足に食事が食べられない、もしくは夜に子供を一人で放置する親の存在など、様々な家庭が問題を抱えています。そのため、積極的にこうした社会的施設、福祉施設を利用して、子育てをみんなの問題として捉える傾向が強くなっています。問題を抱えたときは、もっと児童養護施設や社会施設を積極的に利用することが大事です。

児童擁護施設で働いている人は、きちんと研修などを受けて訓練されており、また仕事としてだけではなく、しっかりと子供の将来を考えて生活指導などをしていくので、やりがいがあり、なおかつ子供との絆も強くなる傾向があります。

人員不足によって残業が出たり、突発的事項によって夜勤が生じたりすることはあまりないことですが、まったくないとはいえません。何しろ子供は様々な問題を起こしたり、また病気になったりすることもあります。心理面のケアも大事になってきます。とくに思春期を迎えた子供は進路のことなどで悩みがちになります。相談されるようなことがあれば、大人として話を聞いてあげたり、アドバイスしてあげたりすることも必要かもしれません。保育士が働く可能性がある職種としては最も難しく、またやりがいがあります。ただし、人材募集はあまり多くはありませんので、求人がかかったらすぐに応募するようにしましょう。

東京の保育士転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
保育ひろば 無料 全国 ★★★★★ 詳細


 ⇒⇒ 人気ランキングをもっと詳しく見てみる


Copyright (C) 2017 東京の保育士求人ランキング All Rights Reserved.