東京で公立保育園の保育士求人を探す

東京の保育士TOP >> 職場別の求人 >> 公立保育園

東京で公立保育園の保育士求人を探す

東京で公立保育園の保育士求人を探すには、各市区町村などのホームページで求人を探したり、ハローワークで探したり、保育士の求人エージェントやサイトなどで探す必要があります。場所や時間を選ばない方法としては、やはりインターネットでの検索が一番早いかもしれません。

東京都は待機児童問題があり、また保育士の不足も叫ばれています。そのなかで公立の保育園も、人材の確保に四苦八苦しています。一部の公立保育園ではお給料や待遇が良いところもありますが、やはり公立保育園では福利厚生やボーナスの充実が大きいでしょう。

保育士の全国平均年収よりも、やはり都内の公立保育士の年収が多くなっています。公立の保育士は地方公務員なので、就業年数によってどんどん昇給し、その上福利厚生などもよく、なおかつ産休、育休などの制度もきちんと充実していますので、仕事を一生続けたい、同じところで働いて徐々にキャリアアップしたいという人にはぴったりの仕事となっています。

そのため、長く働いている人が多くなり、年功序列になっており、長く続ければ続けるほど給料がアップするようになっています。そのため年齢層が高く、ベテラン保育士が多い傾向となっています。

現在はこのように高待遇で知られる公立保育園ですが、これから保育所の民営化が徐々に進んでいくことが予想されます。そのため、地方公務員としてのメリットが享受できたり、なおかつ年功序列でしっかり長く働きたい人も、将来は東京都で公立保育所の保育士として働くことは難しくなります。

ただし、公立保育園で得た知識や経験は、その後の保育士としての仕事にも大きく影響しますし、いまのように保育士不足の状態では公立保育士さんは引く手あまたでしょう。当然将来のことを考えて早めに転職する人もいるでしょうが公立保育園が民営化、閉鎖されたとしても、その後のお仕事に響くことはあまりないでしょう。問題があるとすれば年齢層が高い傾向があるので、そのキャリアや年収に見合ったポストがすぐに見つかるかどうかが問題です。

一般に公立の保育所で働くことは安定しているため、一つの職場で長く働くことが当たり前のようになっていて、様々な園を経験することが少ない傾向があります。新しい職場では臨機応変に対応することが求められるときもありますので、キャリア形成を考えて、公立保育所に甘んじることなくいくつか転職を経験するのも悪いことではありません。

東京の保育士転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
保育ひろば 無料 全国 ★★★★★ 詳細


 ⇒⇒ 人気ランキングをもっと詳しく見てみる


Copyright (C) 2017 東京の保育士求人ランキング All Rights Reserved.