東京で私立保育園の保育士求人を探す

東京の保育士TOP >> 職場別の求人 >> 私立保育園

東京で私立保育園の保育士求人を探す

私立保育園の場合はその経営母体によって保育士の求人内容や待遇などが全く違ってきます。もちろん全国的に有名な幼稚園、保育園ならそれなりに保育士も狭き門になっていますので経験と知識、そして特別な専門スキルなども必要となってきます。

ただし、公立の保育園に比べて園数も多く、そのうえ数も多い私立保育園ですから、転職のチャンスはかなりあります。また公立保育園と違って、年功序列よりも能力や意欲を重視するのが私立保育園の特徴です。その教育理念やカリキュラムにあった人を選び、また実際に人の出入りが激しい傾向があります。入職しても離職する人も多いといいます。

実際に自分にあった保育所に巡り合うまでには時間がかかるかもしれませんし、いまはキャリアアップやチャレンジ精神を高く評価する保育園も増えています。また特別な教育、たとえば英語教育に力を入れていたり、障害児教育に力を入れるなど、それぞれの園での特色をもっています。その仕事をしていく間に学ぶことはかなり多いことでしょう。

私立の保育所は、待機児童が多くて人材が不足しているといっても、やはり市場の競争にさらされているのも事実です。良い評判の保育所ならそれだけ入園希望者が殺到しますが、あまり評判が良くない場合は保護者や保育士にもそっぽを向かれてしまいます。そのため、ブランディングや社会貢献、その園にしかない特徴を宣伝していることもあります。私立保育園や幼稚園ならではの特徴のある教育や保育スタイルに共感、または働き方、働きやすさなどに共感して保育士として働くのがいいでしょう。

残業や休日出勤なども必要な時期もあるし、しかも人員不足によって仕事が重なり、かなりの重労働になることもあります。そんなときは上司や同僚などと相談して、上手にワークライフバランスをとったり、それでも職場環境が改善しない場合は、転職なども考えてみましょう。

いまは保育士専門の転職サイトなどもありますので、それらの情報を有効利用して、自分のやりたいことや職場環境、施設の充実度などから仕事を選んでみましょう。仕事をしながら確実に経験を積めば転職も容易なはずです。

それぞれの私立保育園では給与水準も役職もそれぞれ違うこともあり、ボーナスや待遇についてはそれぞれの園によって差がありますので、最初の面接のときに待遇や条件などをよく話し合って、お互い納得のうえに就業、入職することが望ましいのです。

東京の保育士転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
保育ひろば 無料 全国 ★★★★★ 詳細


 ⇒⇒ 人気ランキングをもっと詳しく見てみる


Copyright (C) 2017 東京の保育士求人ランキング All Rights Reserved.