東京で社会福祉法人の保育士求人を探す

東京の保育士TOP >> 職場別の求人 >> 社会福祉法人

東京で社会福祉法人の保育士求人を探す

社会福祉法人の保育士は、普通の保育士とどう違うのかわかりますか?保育園の運営団体が社会福祉法人であるということです。病院でも医療法人などが事業を運営しているのと同じように、保育園や幼稚園も社会福祉法人が運営しているケースがあります。

いままで認可保育所は、市区町村と社会福祉法人のみが設置することができました。社会福祉法人の事業目的は社会福祉事業であり、法人税などが非課税になったりとかなり国や自治体から保護されている部分が大きいのです。社会福祉法人の保育所としては、お寺や教会などの施設内で運営されている保育所などが代表的な例となります。

保護や税制上のメリットが大きいですし、いままでは認可保育所設置は公営や社会福祉法人に限られていました。これからは民間企業でも保育所を建てることができるようになりましたが、この優遇措置がある限り社会福祉法人のほうが容易に保育所を運営することができます。

ただし、社会福祉法人であることのメリットもあればデメリットもあり、歴史ある保育園の場合は教育や方針がしっかりしており、また安定して勤めることができ、地域密着型で安心して長期で勤められるのがメリットです。待遇や福利厚生が充実しているところもあり働きやすいところもあります。

またデメリットとしては、社会福祉法人のため、あまり施設にお金をかけることができず、営利目的の保育所に比べて施設や遊具が古いなどのデメリットがあります。また経営困難に陥っていたり、保守的だったり、家族経営だったりして新しい人を受け入れるのに時間がかかるなどのデメリットがあります。転職が多い人などは敬遠される傾向があるかもしれません。

社会福祉法人が運営する保育園は歴史あるところが多いので、求人の数自体は一定数ありますし、地域に密着しているので入園を希望する園児や保護者も多くなっています。待遇はその社会法人母体によってほんとうにまちまちですが、できれば教育方針や園の雰囲気があっているかどうか、自分できちんと見極めて働きやすい職場を探してみましょう。法人や園それぞれの特徴によって働きやすさや人間関係など全く異なってきますので、注意深く転職していきましょう。

ハローワークや保育士のための転職サイトもあり、それぞれの人が希望にあった保育士の仕事を見つけやすくなっていますので、社会福祉法人で働いてみたいと考える人はぜひ一度応募してみましょう。良い経験になるはずです。

東京の保育士転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
保育ひろば 無料 全国 ★★★★★ 詳細


 ⇒⇒ 人気ランキングをもっと詳しく見てみる


Copyright (C) 2017 東京の保育士求人ランキング All Rights Reserved.