東京で障害児保育の保育士求人を探す

東京の保育士TOP >> 職場別の求人 >> 障害児保育

東京で障害児保育の保育士求人を探す

障害児保育に関わることは何も特別なことではありません。それぞれの子供の性格や体質的な個性であり、その部分を理解してあげさえすれば他の子供と一緒に担当していけます。これは保育園や幼稚園のカリキュラムによるのですが、障害のある子には特別な担当保育士を設置し、集中的にケアをしていく方針のところが多いです。

また、最近では障害児保育担当者になるための研修会なども盛んに開催されており、障害者教育、また保育についての関心が高まるとともに、それぞれの疾患についての知識も高まり、それによって苦しむ児童や保護者にとってはうれしい状況、障害児受け入れ体制かなり好転していることがわかるでしょう。

実際に一般の認可保育園では加配保育を行っており、基本的には障がい児3名に付き加配保育士1名をつけることになっています。それによってよりきめ細かいサポートをするようにはなっていますが、法律で定められている基準ではないので、やや曖昧な部分が目立ってきており、最近は基準がグレーになってきています。

もちろん保護者としては、きちんとした体制が整った保育園、幼稚園に子供を入れてしっかりとしたサポートを得たいと思うのは当然のことです。しかし、待機児童問題だけで四苦八苦している今の東京都の保育園、幼稚園事情を考えると、そこまでのケアを期待できない園も多いのではないでしょうか。

児童の障害の程度によっては、やはり特別なケアがある学校などを当たってみる、多く加配がついている幼稚園や保育園などに相談してみることも大事です。子供の障害の程度やどのようなケアが必要でそしてどんなところで学ばせるのが適当なのか、じっくり考えることでこれからの子供の未来も変わってきます。

もちろん障害児教育については、保育士の理解や知識が最も大事です。子供の個性や性格にあわせて指導を行っていきましょう。もし大学の授業、そして研修などで障害児教育の講習等を受けたことがあるのなら、その知識が役にたつでしょうし、もちろん専門家ならまさに天職といえるような職務能力を発揮できるかもしれません。児童養護施設、もしくは社会福祉法人、私立、病院保育士などで障害のある子供の保育に携わることは、これからの保育士としてのキャリアにも大きく影響し、より多くの可能性が広がることでしょう。

障害のある子に、自立した生活やお友達との付き合い、つまり保護者や園児だけでは伺いしれない社会性を身につけさせる環境が保育園、幼稚園ですから、その助けになるように保育士として支えてあげてください。

東京の保育士転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
保育ひろば 無料 全国 ★★★★★ 詳細


 ⇒⇒ 人気ランキングをもっと詳しく見てみる


Copyright (C) 2017 東京の保育士求人ランキング All Rights Reserved.